2013年6月19日水曜日

第二次世界大戦 太平洋戦線におけるアメリカの戦死者数

第二次世界大戦において日本は、圧倒的なアメリカの戦力の前に敗れ去ったという解釈が一般的である。結果的にその通りだったと思う。
あの戦争を検証しても、局地的には勝てる場面は考えられても、大局的にはどうやっても勝てない。犠牲者数も圧倒的に差がある。

しかし、言われているように「アメリカにとって、太平洋戦線は(ヨーロッパ戦線に比べ)、楽な戦い」だったのだろうかという疑問が生じ、アメリカの太平洋戦線での死傷者数を調べようとしたのだが、これがよくわからない。
幸いなことにネットを見ていたら同じ疑問をもった方がおられ、様々な検証の上、(1) のような数字をあげておられた。

(1) 対独、対日戦における米軍戦死者数

対独戦(欧州戦線)のアメリカ軍戦死者数

陸軍              177,680人 77.2%
空軍(陸軍航空隊)           61,595人 69.9%
海軍                10,081人 16.1%
沿岸警備隊                  309人 16.1%
商船乗組員               1,533人 16.1%
合計               251,198人



対日戦(太平洋戦線)のアメリカ軍戦死者数

陸軍            52,475人 22.8%
空軍(陸軍航空隊)           26,524人 30.1%
海軍            52,533人 83.9%
海兵隊             24,511人 100%
沿岸警備隊             1,608人 83.9%
商船乗組員             7,988人 83.9%
合計               165,639人 

総合計                 416,837人

※この場合の戦死者数には、戦闘以外の死者を含んでいる。戦闘以外とは何か具体的に記載されていないが戦闘重傷後病院死、病死、事故死、訓練死、災害死、行方不明、状況不明、自殺などが含まれると思われる。

調べられた人は、上記の数字(アメリカ軍は対独戦関係で約25万人、対日戦関係で約16万人死亡したと推定)をあげた上で、また次のようにも書いている。

「欧州は陸軍、空軍の墓場、太平洋は海軍、海兵隊の墓場となっている。また太平洋戦線で陸軍航空隊は26,524人戦死している。欧州戦線は61,595人で倍以上だが日本軍は米陸軍航空隊と同等かそれ以上に米海軍航空隊と米海兵隊航空隊とも闘っている。残念だが海軍、海兵隊の戦死者のなかに飛行隊の戦死者は特定されていないが陸、海、海兵航空隊合わせて軽く3万以上の戦死者を出しているのではないか」

従来、空の戦いは、戦争初期以外は、「マリアナの七面鳥打ち」などという言葉があるように、日本側が一方的に落とされたように書いてあるが、空戦でも日本軍はかなり健闘していたことがうかがわれる。

結局、アメリカの第二次世界大戦の戦死者約41万人は、対独戦で約25万1000人、対日戦で約16万5000人失われており、その比は3:2となる。アメリカ人はあの大戦で戦死者10人中、6人はドイツ人に、4人が日本人に殺されたことになるが、これは「楽な戦い」などと言えるのだろうか。

 
(2) 日本本土空襲におけるB29の損害について
次に、本土空襲の際の米軍側の損害についてあげてみよう。

本土空襲による米軍側被害
  B29 喪失       485機
           損傷   2,707機
   搭乗員戦死  3,041名


結果的に日本の主要都市は焼け野原にされ、防空戦は「失敗」と言うしかない。
私の住む市は、日本海側の小都市だが、1945年7月に空襲を受け、約1500名が亡くなっている。防空は、市内のビルの屋上に対空機関砲があったとか無かったとか、地元の基地から戦闘機が2~3機、飛んだとか飛ばなかったとか言われているが、戦後出版された「○○市空襲誌」には、迎撃について一切触れられていない。
高射砲も戦闘機も絶対数が不足していたのである。こんな体制でなぜ戦争に踏み切ったのか。


しかし、このように全く歯が立たなかったように言われている本土空襲も、上の資料にあるように、故障や事故を含めてではあるが500機近いB29を喪失させている。
終戦時までのB29の生産数は約2500機と言われているので、この喪失数はアメリカにとっても無視できる数字では無いように思うが・・・。(生産機数より喪失・損傷数が多いのは、損傷数が述べによる数のためと推察される)

実は、B29に対して最も損失を与えているのは、あの「とどかない」と言われている高射砲である。次は体当たりによる撃墜が多い。

B29による本土空襲墜落機の詳細は次のサイトによくまとめられています。http://aomorikuushuu.jpn.org/mia.html



(3) 神風特攻隊による米軍損傷について
特攻隊も、アメリカのレーダー管制システムの前に無力であったとよく言われているが、この説もよく調べてみると怪しい。

日本側の航空特攻による戦死者3848人
 特攻 陸軍:1185機 海軍:1298機 (合計 2483機)
      ※特攻機の数は資料によって違いがあります 

アメリカ軍の被害
撃沈 約49隻
  護衛空母3   駆逐艦13   護衛駆逐艦2   機雷戦艦艇3
  輸送船9     上陸用舟艇12    その他7

撃破 約268隻
  空母13   護衛空母20   戦艦11   巡洋艦11   駆逐艦84
   護衛駆逐艦24   水上機母艦5   機雷戦艦艇36   輸送船29
   上陸用舟艇19   その他16

となっており、アメリカ軍の資料では、特攻機2550機中、475機(18.6%)が有効で、確実に命中または至近弾効果と判定している。そのため、特攻機に対する特務艦の製造が急務であると提案されている。
        

(4) アメリカ軍の潜水艦の被害について
アメリカの潜水艦の被害については、木俣滋郎氏による「潜水艦攻撃(光人社NF文庫)」という本にまとめられている。

この本によると、第二次世界大戦中、アメリカ軍は大西洋、太平洋含め合計52隻の潜水艦を失っているが、そのうち日本軍との戦闘行為によって失ったのは46隻に及んでいる(大破2隻を含む)。

全損失数の88%が、対日戦で失われている。

※米軍潜水艦の損失を約60隻と書いてある書籍もあるが、これは日本軍はオランダ、イギリス、ソ連(当時のソ連は中立国だが、わからずに撃沈してしまったもの)の潜水艦も沈めているので、それを含めていると思われます。


損失の原因は、水雷艇や駆逐艦、海防船、機雷など多岐にわたるが、艦攻・陸攻によるものや、めずらしいのは自爆(=自分の発射した魚雷がカーブして自艇にあたる)というも一件ある。

潜水艦は撃沈されると、ほとんどの場合、全員が戦死してしまう。アメリカ軍の潜水艦は大小はあるが、一隻に平均80名程度乗員していたようである。木俣氏の著書で合計してみると、3200人以上の搭乗員が対日戦で死亡している。

潜水艦戦は、 大西洋でのUボートが有名なので、正直意外な感じがしたのだが、アメリカ軍潜水艦隊にとっては、太平洋~インド洋の方が苛烈な戦いの場だったのではないだろうか。
もっとも、日本軍の潜水艦はほとんどが沈められ、輸送船も大被害を受けているが・・・。

※(1) でアメリカ軍の商船乗組員の戦死者数が、対独戦1533人、対日戦 7988人となっている。Uボートは輸送線の分断に力をそそぎ、効果を上げたので有名であるが、対米に関しては例外なのでしょうか。少し疑問が残る部分ではあります。



以上のことから考えると、決して、対日戦はアメリカにとって「楽な戦い」などと言えるものではない。

彼らがそれを認めようとしないのは、明らかに差別的な意識がその根底にあると私は見ている。「認めたくない」という感情があるのである。 太平洋戦線におけるアメリカ軍の被害は、戦争に対する客観的評価をいやがる戦後思想と、日本軍への評価を避けたいアメリカの思惑のため、情緒的・感情的な記事が多く、客観的な研究が表に出にくい傾向があるように感じる。

調べてみて、政治家及び軍部上層部の判断ミス、参謀の貧困な作戦企画のもと、現場の隊長以下の人たちは、与えられた兵器で懸命に戦い続けたということを、あらためて感じた。

そして上層部が打ち出す現実に合わない策を、現場のものが何とか形あるものにしていくというのは、日本の悪しき伝統なのかもしれないとも思った。












             

                                  


0 件のコメント:

コメントを投稿